阪神ドラ4・前川 将来は金本氏の“伝説の6”付けたい!新入団会見で大きな野望を堂々宣言

[ 2021年12月13日 14:09 ]

<阪神入団会見>入団会見で笑顔を見せる前川(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト4位・前川右京外野手(18=智弁学園)が13日、大阪市内で行われた新入団選手発表会見で大きな野望を口にした。

 隣にいた矢野監督から「前川、将来背番号何番欲しいんやっけ」と問われ「6番です!」と即答。OBの金本知憲氏(本紙評論家)が付けてきた“伝説の6”を将来的に背負って聖地で大暴れする夢を描いた。

 また、目標の選手には昨季の新人である佐藤輝の名を口にし「打席の雰囲気、立ち振る舞いがすごい。勉強して得るものも多い。生で見させてもらって学ぶことはある」と弟子入りを志願。佐藤輝とともに期待される和製大砲は「満員の甲子園でバックスクリーンに」と特大の一発をイメージした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月13日のニュース