京都龍谷大平安・奥村真大 改めてプロ志望「切り替えた者が成長していける」

[ 2020年6月2日 05:30 ]

京都龍谷大平安・奥村真大内野手
Photo By スポニチ

 プロ注目の京都龍谷大平安・奥村真大(まさひろ)内野手(3年)が改めて強いプロ志望を明かした。ヤクルトに所属する兄・展征から電話をもらったことを明かし「ここからは自分との戦い。切り替えた者が成長していける。プロ野球選手になることしか考えていない」と話した。

 京都府高野連はこの日、中止になった全国高校野球選手権京都大会に代わる独自大会の7月開催を決定。夏の甲子園中止決定後初めてのミーティングで、原田英彦監督は「今、言えることは状況を頭に入れ、諦めないかんということ。キツい言葉だが、そうしないと次に進めない」と説いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月2日のニュース