白血病公表の北別府さん、骨髄移植のため入院「息子達に母さんを頼むなと伝えました」

[ 2020年5月5日 16:05 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月20日に「成人T細胞白血病」を患い療養に入ることを公表した野球解説者の北別府学さん(62)が5日、自身のブログを更新。骨髄移植のため同日、入院したことを発表した。

 「今日から入院」と書き出した北別府さんは「今回は移植を伴う入院となり、明日から本格的に治療が始まります。移植がうまくいき、順調であれば来月中に退院できるでしょうか」と今後の見通しについて明かすと「第一、第二クール、抗がん治療中も原稿を書いたりブログを投稿する体力、気力がありました」「この度は移植を伴う入院ですからどうなるか予想がつきません」と不安ものぞかせた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初は4月半ばに予定されていた息子がドナーとなる骨髄移植が延期となり、自宅静養を続けていた。「コロナ禍により今回も家族はエレベーターを降りて荷物を看護師さんに渡しお別れ」と入院時の様子をつづった北別府さん。「息子達に母さんを頼むなと伝えました。そして世の中のコロナ騒動が収まり皆様の日常が戻ることを心から願い私も頑張ってきます!!」とブログを締めくくっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月5日のニュース