ヤクルト・雄平 打撃はお尻が凄く大事 重り持ってスクワット

[ 2020年5月5日 05:30 ]

選手おすすめ「おうちトレ」

雄平(球団提供)
Photo By 提供写真

 【ヤクルト・雄平外野手】打撃はお尻が凄く大事です。打つ時にお尻と足で地面を蹴るように使うと、飛距離が出ると思うので、家ではスクワットをやるといいと思います。

 重りはできるだけ重たいものがいいです。お米でもいいですし、ウオーターサーバーがあれば水でもいいですし、お父さん、お母さんでもいいですし(笑い)。打撃はひねりの動きがあるので、ひねりを入れたスクワットをやってください。お尻の外側にしっかり体重を乗せてあげて、一気に地面を蹴るようなイメージで上げます。こういうトレーニングをすると飛距離がアップするかもしれません。

 僕もこんなに野球ができないのは生まれて初めてです。皆さんも本当はたくさん野球をやりたいと思うのですが、今は何とか我慢して、勉強だったり、家のお手伝いだったりをして。コロナが終息した時に思い切り野球ができるように、今は我慢しましょう。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月5日のニュース