DeNA・パットン 球筋確認「チェンジアップの感覚を失わないように」

[ 2020年4月24日 05:30 ]

キャッチボールをするパットン
Photo By スポニチ

 DeNA・パットンが横浜スタジアムで自主練習を実施。キャッチボールなどで球筋を確認して「キャンプからずっと取り組んでいるチェンジアップの感覚を失わないようにしています」と語った。

 外出禁止が続き「どうしても暗い気持ちになりがちなので、楽しく過ごせるように」と家族との時間を大切に、ゲームやパズル、庭の手入れなどを行っているという。

 18日には自身のツイッターで、自宅近くのラーメン屋の行列に「野球が見たければできる限り家で過ごしてくれ」と「Stay Home」を呼び掛けていた助っ人右腕。開幕はまだ見えないが「いつ始まってもいいように、強い気持ちを持って準備を怠らないようにしています」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月24日のニュース