DeNA・東が初ブルペン 立命大後輩の投球に刺激「負けていられない」

[ 2020年1月16日 15:01 ]

室内のブルペンで投球練習を行うDeNA・東
Photo By スポニチ

 DeNA・東が16日、神奈川県横須賀市内の2軍施設「DOCK」で、今年初めてブルペン投球を行った。立った捕手相手に約20球を投じ「思ったよりも投げられた。初ブルペンとしては満足しています」と笑顔で振り返った。

 後輩から刺激を受けた。立命大の2学年後輩のドラフト2位・坂本の投球練習を見つめた。投球フォームがそっくりと評判だが「似てないですよね?皆に似てるって言われてるみたいですけど、似てる感覚はないです」と言ったが「強い球を投げてる。この2年で成長してるなと凄く実感した。負けていられない」と闘志に火が付いた。

 昨季は左肘の張りで出遅れ、4勝に終わった。3年目に向けて「開幕ローテに入りたい。焦らず自分のペースでやっていけたら。良い意味でマイペースでやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月16日のニュース