DeNAドラ1・森「フェラーリと呼ばれたい」桐蔭先輩・ラグビー松島と対面希望

[ 2020年1月16日 05:30 ]

俊足が武器のDeNAドラフト1位森は「ハマのフェラーリと呼ばれたい」と意気込む
Photo By スポニチ

 フェラーリと呼ばれたい!DeNAのドラフト1位・森(桐蔭学園)が、母校の先輩でラグビー日本代表のWTB松島幸太朗(サントリー)との対面を希望。19年W杯で最多の5トライを奪う快足ぶりで「フェラーリ」と呼ばれている先輩について振られると「自分もハマのフェラーリと呼ばれたい」と目を輝かせ「世界で活躍した方。重圧はあるだろうけど、どう準備して力に変えたのか聞いてみたい」と語った。

 この日は新人合同自主トレ第2クール第2日。雨天のため室内となったが、ベースランニングでは50メートル5秒8の快足を披露。守備練習でも鋭い出足を見せて「走塁でも守備でもスタートの判断は大事。全ての面で足の速さは生かせる」と力を込める。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月16日のニュース