楽天ドラ6・滝中 ブーイング覚悟で「タッキーと呼んで」

[ 2020年1月16日 05:30 ]

室内練習場でブルペン投球を行う楽天のドラフト6位・滝中
Photo By スポニチ

 タッキーと呼んでください!楽天のドラフト6位・滝中(Honda鈴鹿)がファンへ猛アピールした。「タッキーと呼んでいただけたらありがたい。いろいろ賛否はあるみたいですけど」。前日には仙台市内で行われた新入団選手お披露目会・壮行会で「タッキー」の愛称を希望。だが詰めかけたファンから「え~」とブーイングが起こった。滝中は「本物がおられるので、本物に失礼かな」と言いながらも心折れずに2日連続で呼び掛けた。

 この日は仙台市内の2軍施設で新人合同自主トレに参加。初のブルペン入りで立った捕手相手に直球のみ30球を投げ込んだ。「内角の制球に自信がある。ここから徐々に上げていければ」。どんな場面でも臆することはない。右腕の武器は強気の投球だ。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月16日のニュース