オリ ドラ1・宮城、19日からブルペン解禁「捕手立たせて投げる」

[ 2020年1月16日 05:30 ]

ノックで笑顔を見せる宮城(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト1位・宮城(興南)が新人合同自主トレに参加し、19日からの第4クールでブルペン投球を解禁する方針を示した。「(捕手を)立たせて投げるつもりです」。全体練習後には室内練習場で同4位・前(津田学園)らとキャッチボールなどで調整した。

 2月1日からの春季キャンプでは高卒組は2軍スタートが見込まれ、「キャンプに入ったら、捕手を座らせてブルペン投球できるようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月16日のニュース