ヤクルト原 1月中に投球再開へ「高津新監督の力に少しでもなれれば」

[ 2020年1月16日 05:30 ]

ヤクルト・原
Photo By スポニチ

 上半身のコンディション不良から復帰を目指すヤクルトの原が1月中に投球を再開する見通しを示した。所用で神宮のクラブハウスを訪れ「今月中に(ブルペンに)入れれば」と話した。

 昨季は開幕ローテーション入りし6月2日のDeNA戦ではリーグワーストタイの連敗を16で止めたが、同19日に出場選手登録を抹消されてから1軍登板なし。既にキャッチボールを再開して現在は50メートル程度に距離を延ばしており「高津新監督の力に少しでもなれれば」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月16日のニュース