楽天・藤平「3大エース」手本に狙うローテ定着 マー君、則本の決め球&岸の考え吸収

[ 2019年12月31日 05:30 ]

ローテーション定着を目指す楽天・藤平
Photo By スポニチ

 楽天・藤平が「3大エース」を手本にローテーション定着を目指す。秋季キャンプから新球のスプリットと高速スライダーの習得に取り組んでおり「スプリットは(OBで元エースの)田中将大さん(現ヤンキース)に教わって今まで投げる余裕がなかった。則本(昂)さんが投げている140キロ近いスライダーも参考にしたい」。3年目の今季は3試合で0勝1敗、防御率10・38と苦しんだだけに田中と則本昂の決め球をマスターして4年目のシーズンに挑む。

 1年目からオフの自主トレは田中に師事していたが、今オフは岸に弟子入りする。「ずっと1軍でローテーションで投げたい。岸さんから技術面、試合の中での考え方を学びたい」。田中からは「おまえの野球人生。悔いのないようにやれ」とエールを送られたそうで、これまで学んだことは継続していく。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月31日のニュース