広島・中村恭 2・1ブルペン予告「ゆっくり調整する立場ではない」

[ 2019年12月31日 05:30 ]

広島・中村恭
Photo By スポニチ

 広島・中村恭が特別待遇不要で来春キャンプに臨む決意を示した。「ゆっくり調整する立場ではない。例年と同じように初日からブルペンに入れる状態にしておきたい」。来年3月で31歳。永川(2軍投手コーチ)の現役引退で来季から日本人投手では球団最年長になっても、従来通り2月1日からのブルペン入りを示唆した。

 9年目の今季は自己最多の43試合に登板するなど勝利の方程式の一角を担い、来春キャンプでは3年ぶりに1軍スタートとなる可能性が高い。今冬はフォークを試投中。「まだ全力では投げていないけど、新球のイメージはできた。ボール球で勝負する球がほしいので、キャンプ中の実戦で試したい」。慢心なく、さらなる進化を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月31日のニュース