山口俊 ブルージェイズと正式契約 球団社長「彼は活躍の幅が広い」

[ 2019年12月28日 09:32 ]

巨人・山口
Photo By スポニチ

 巨人からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指している山口俊投手(32)がブルージェイズと2年総額635万ドル(約6億9200万円)で正式契約を結んだ。全国紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者が27日(日本時間28日)、自身のツイッターで伝えた。

 同記者は山口の契約内容について「年俸317・5万ドル(約3億4600万円)を受け取り、170投球回を投げると最大140万ドル(約1億5300万円)のインセンティブが付く。2021年にFAになる」と詳細を伝えている。

 17日に合意が報じられた直後、現地メディアの「スポーツネット」のインタビューに答えたブ軍のマーク・シャパイロ球団社長兼CEOは、山口について「彼は活躍の幅が広い。ブルペンも経験があるし、先発もできる。今後のオフの補強を柔軟にできる選手の一人だ」と日本で通算64勝112セーブをマークした実績を評価していた。

 山口はブ軍のメディカルチェックを終え、27日に自主トレ先の米ハワイから帰国した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月28日のニュース