誠也&愛理“ビビビ婚”だった…嵐がもたらした偶然から試合に招待 極秘入籍は「僕のわがまま」

[ 2019年12月18日 14:35 ]

広島の鈴木誠也外野手
Photo By スポニチ

 広島の鈴木誠也外野手(25)が17日、自身のブログを更新。ロンドン、リオデジャネイロ両五輪の新体操日本代表で、現在はスポーツキャスターとして活躍する畠山愛理(25)とのハワイ挙式の様子を3枚の写真付きでファンに報告した。

 誕生日が2日違いの2人はお互いの誕生日に挟まれた8月17日に結婚していたことを今月7日に発表。その後、鈴木は10日にインスタグラムで「12月3日無事ハワイで挙式を挙げることができました!僕自身家族が増えより一層頑張らないといけない!という気持ちになりました!実は8月17日に籍は入れていましてその日にホームラン打てたのも思い出に残っております!皆さんに内緒にし続けていましたのでやっと解放されて清々しい気持ちです!」と婚姻届を提出した8月17日のDeNA戦(横浜)で8回に23号ソロを放ったことにも触れ、カープの赤いビジターユニホームをウエディングドレスの上から着用した新婦との2ショット写真を投稿。「嫁にユニホーム着させたところ思いのほか似合ってました!」とのろけていた。

 それから1週間後となったこの日のブログでは白のタキシード姿で新婦と腕を組んだ写真や双方の親族と見られる8人も含めた10人全員が「背番号1」にそれぞれの名前も入ったカープユニホームを着て並んだ微笑ましい写真もアップ。「もうご存知ですよね笑」とちゃめっ気たっぷりに切り出すと「私たち鈴木誠也と畠山愛理はハワイで結婚式を挙げてきました」と改めて報告し「オフになりやっと言えてほんと楽になりました笑笑」「野球に集中したくすべて僕のわがままでした」とつづった。

 また、2人のなれそめについて「嫁、妻、女房?!(ハズッ笑)とは、嵐がもたらした偶然で出会い 以前両親から聞いていたビビッ?ピピッ?びびっと?ドキッと?どうでもいいわ笑笑笑笑」と“ビビビ婚”だったことを明かし「はじめは、お互い敬語で(普通か笑)どうしても試合を見てもらいたくなりすぐ招待笑」「あとは はしょり笑笑」と照れながらも運命の出会いを明かした。

 そして「まだまだ子供のような大人の2人ですが互いの夢、目標に向かい毎日 笑顔で 仲良く 楽しい家庭を築く所存で御座いますムズッ笑」と一生懸命に言葉を紡いだ新郎。「皆さん温かく見守ってくださいねー」と幸せいっぱいのブログを締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月18日のニュース