日本ハム・輝星、今年の漢字は「悲」 デビュー戦後3連敗「来年は悲しい思いをしないように」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

「野球報道写真展2019」のオープニング見学会に参加し、デビュー戦で力投する自らの写真にサインを入れた日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝が14日から野球殿堂博物館で始まる「野球報道写真展2019」のオープニング見学会に出席。プロ初登板初勝利を飾った6月12日の広島戦で力投する写真など、70点中3点に自身が写った写真が入り「来年は新人王、もっと話題になる記録や結果を残してまた呼ばれたい」と誓った。

 1勝3敗だった1年目の今季は投球回数が11イニングで、30イニング以内とする新人王資格を来季も有する。デビュー戦以降は3連敗だった右腕は今年の漢字に「悲」を挙げ「来年は悲しい思いをしないように」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月14日のニュース