京葉ガスが王手 タイブレーク制してキャプティのV10阻止

[ 2019年10月3日 05:30 ]

蒼龍旗争奪野球第8日 準決勝 ( 2019年10月2日    東京D )

 準決勝2試合が行われた。京葉ガスは、10連覇を狙っていた前年優勝のキャプティをタイブレークの末4―2で破り決勝進出。AKIRAはクボタ・宇都宮工場を6―0で下し、優勝に王手をかけた。

 <京葉ガス>タイブレークの末にキャプティを破り連覇を阻止した。先発の右腕・織内が投げては6回2失点と踏ん張り、攻撃では7回に決勝のスクイズ。「次の打者を信じて、自分の仕事をしようと思った」。鮎川宗人監督も「3、4月のオープン戦では全然勝てなかったのでやっと勝てた。本当にうれしいし準備した結果が勝ちにつながった」と大喜びだった。

 <AKIRA>右腕・丸山が8回12奪三振の完封で決勝進出に導いた。4安打されたが、走者を背負っても的を絞らせない投球で得点を許さず「この試合に向けて調整してきたので結果が出てホッとした」と安どした。3日の決勝は京葉ガスと対決。中畑瑛寛監督は「やるべきことをしっかり徹底して勝ちにいきたい」と力を込めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース