関東第一が初優勝 猛打爆発10得点 V弾の渋谷主将は「仲間のフォロー」に感謝

[ 2019年10月3日 05:30 ]

茨城国体高校野球硬式の部 決勝   関東第一10―2海星 ( 2019年10月2日 )

<関東第一・海星>表彰状を受け取る渋谷主将
Photo By スポニチ

 茨城国体の高校野球硬式の部は2日、決勝が行われ、関東第一(東京)が海星(長崎)を破って初優勝を飾った。1―1の3回に渋谷嘉人内野手と平泉遼馬内野手(いずれも3年)が2者連続本塁打を放つなど、16安打10得点を奪った。

 東京関東第一は1―1の3回に3番・渋谷が左中間へ勝ち越しソロ。「スライダーをうまく乗っけられた」と流れをつくると、4番・平泉も左翼席へ2者連続本塁打。大会3試合を通じ25得点4失点。

 初優勝を飾った米沢貴光監督は「国体に出られて、最後まで試合をさせていただけるとは思っていなかった」と笑った。夏の甲子園準々決勝で履正社に敗退した夜、渋谷はミーティングで「国体で日本一を獲るために頑張ろう」と呼び掛けた。「仲間がフォローしてくれて、ここまで来られた」と感無量の様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース