DeNA 中後「悪あがきしたい」無期限謹慎処分の綾部も来季契約せず

[ 2019年10月2日 05:30 ]

来季の契約を結ばないことを伝えられた中後(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

  プロ野球は1日、戦力外の第1次通告期間が始まり、巨人、DeNA、中日、ヤクルト、ソフトバンク、楽天、日本ハムが当該選手に来季の契約を結ばないことを伝えた。

 DeNAは10選手に来季の契約を結ばないことを通告。15年限りでロッテを戦力外となり、ダイヤモンドバックス傘下マイナーを経て昨季途中に加入した中後は「3回目なのでじっくり考えて決めたい。やりたい気持ちもあるし、悪あがきしたいとも思っている」と心境を明かした。

 中川大は「バットを置きます」と11年間の現役生活に幕を閉じる。また、未成年と不適切な関係を持ったことが7月に判明して無期限謹慎処分を受けていた綾部も戦力外となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース