広島 フェニックスリーグに小園ら24選手が参加 岡田、中村奨、山口、遠藤らも

[ 2019年10月2日 16:05 ]

広島・小園(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は2日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ2019」(7~28日)に、ドラフト1位ルーキーで高卒新人の球団記録を69年ぶりに更新する4本塁打を放った小園海斗内野手(19)ら24選手が参加すると発表した。

 2015年ドラフト1位の岡田明丈投手(25)や2017年ドラフト1位の中村奨成捕手(20)、ともに今季プロ初勝利を挙げた2017年ドラフト2位・山口翔投手(20)、同年5位・遠藤淳志投手(20)らも参加する。

 同教育リーグにはイースタン・リーグ7球団、ウエスタン・リーグ5球団のほか、韓国プロ野球3球団、四国アイランドリーグplus選抜も参加。アイビースタジアム、生目の杜運動公園第2野球場などで開催される。

 広島から参加するメンバーは以下の通り。

 【監督】水本勝己

 【コーチ】永田利則、玉木朋孝、朝山東洋、森笠繁、小林幹英、菊地原毅、倉義和

 【投手】岡田明丈、ケムナ誠、塹江敦哉、島内颯太郎、山口翔、高橋樹也、アドゥワ誠、田中法彦、遠藤淳志、平岡敬人、モンティージャ、藤井黎来、メナ

 【捕手】中村奨成、坂倉将吾

 【内野手】林晃汰、桑原樹、小園海斗、中神拓都、羽月隆太郎、サンタナ

 【外野手】正隨優弥、永井敦士、大盛穂

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース