戦力外通告2日目は3球団15選手 計10球団が発表、59人に

[ 2019年10月2日 19:16 ]

阪神・歳内
Photo By スポニチ

 プロ野球の第1次戦力外通告期間2日目となった2日、4年ぶりのV逸&Bクラスとなった広島など両リーグ合わせて3球団が計15選手に通告を行った。第1次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)開幕前日の4日まで。第2次通告期間はCS全日程終了の翌日から原則として日本シリーズ終了翌日までとなっている。

 2日に各球団が戦力外通告を発表した選手は以下の通り。

 ▼セ・リーグ

 【阪神】岡本洋介、小宮山慎二、山崎憲晴、歳内宏明

 【広島】横山弘樹、飯田哲矢、岩本貴裕、岡林飛翔、木村聡司

 ▼パ・リーグ

 【オリックス】成瀬善久、青山大紀、岩本輝、塚原頌平、高城俊人、宮崎祐樹

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース