巨人 内田コーチ、木村コーチ、秦コーチの退任を発表

[ 2019年10月2日 19:00 ]

内田順三コーチ
Photo By スポニチ

 巨人は2日、木村龍治ファームトレーニングコーチ(49)、秦真司ファームバッテリー兼打撃コーチ(57)、内田順三巡回打撃コーチ(72)が今季限りで退任することを発表した。

 内田コーチはヤクルト、日本ハム、広島でプレーし、引退後は広島で打撃コーチを務め、前田智徳、金本知憲、野村謙二郎らを育てた。巨人でも高橋由伸、阿部慎之助らの指導を行うなど、巨人と広島のコーチを交互に務め、15年に3度目の巨人スタッフ入り。1軍打撃コーチ、2軍監督などを務めた。

 木村コーチは93年から10年間巨人でプレーし04年に引退。05年から15年間、巨人で1軍投手コーチなどを務めていた。秦コーチはヤクルトなどでプレーし、引退後はロッテ、中日などでコーチを務め、12年に巨人のバッテリーコーチに就任。17年に退団したが、今季再び巨人のファームバッテリー兼打撃コーチを務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース