阪神・原口、スカパー!サヨナラ賞を受賞「サヨナラの時に回ってくる、とイメージしていた」

[ 2019年7月19日 13:00 ]

阪神の原口
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは19日、最も印象に残るサヨナラ打を放った打者を表彰する「スカパー!サヨナラ賞」の6月の受賞者を発表。セからは阪神・原口文仁捕手(27)が選ばれた。

 会見に臨んだ原口は「今後に向けてモチベーションが上がる賞をいただいた」と笑顔を見せ、ファンに向けて「いつも力をいただいていると思っているので、本当にありがたい気持ちです」と感謝の思いを言葉にした。

 6月9日の日本ハム戦(甲子園)で3―3の9回2死一、三塁から代打出場し、秋吉から中前にサヨナラ安打を放った。実はその試合の7回に一度、次打者席に入っていたが、チームが同点に追い付いたためベンチに下がっていた。「“これはサヨナラの時に回ってくるな”とイメージしながら準備をしていたので、程良い緊張感と絶対に打ってやるという強気で打席を迎えました」と振り返った。

 現在の打率・231は本領には遠いが、17日の中日戦に「5番・一塁」で先発出場し2安打2打点をマークした。「チームは今、なかなか波に乗りきれない時ですけど、まだまだ諦める時期でも試合数でもない。1試合1試合、目の前の試合に勝っていくことがその先につながっていく」と逆襲を誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月19日のニュース