DeNA 救援陣が崩れ痛恨の逆転負けで5連敗、借金10 ラミレス監督「そこに尽きる」

[ 2019年5月8日 22:01 ]

セ・リーグ   DeNA5―8巨人 ( 2019年5月8日    新潟 )

<D・巨>7回に逆転を許し、ベンチで冴えない表情のラミレス監督(右)と三浦コーチ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAは7回に一挙7失点で痛恨の逆転負けを喫した。連敗は5に伸び、借金が2桁の10まで膨らんだ。

 初回にロペスの2ランなどで3点を奪うと、5回には筒香の左前適時打、6回には代打乙坂が右前適時打。菅野から5点を奪って試合を優位に進めていた。

 しかし先発の大貫が6回7安打1失点で降板すると、救援陣が崩れた。7回から登板した三嶋が2死一、二塁から坂本勇に右前適時打を浴び、続く丸に四球を与えて満塁のピンチをつくって降板。3番手の国吉も制球が定まらず岡本に押し出し四球、亀井に中越えへ3点適時二塁打、阿部に四球を与えて降板した。代わった石田が重信に左中間を破る2点適時三塁打を許した。

 ラミレス監督は7回について「そこに尽きる」とし「負けた試合に何もすることはできない。切り替えて次やるだけ。今日の敗戦からしっかり学ぶこと」と険しい表情。「全てがかみ合わないと勝てない。それが一番重要」と話した。

 試合前には南場智子オーナーと会談。「悪い流れを止めて今日から勝ち続けられれば」と話したそうだが、南場オーナーの故郷・新潟で連敗は止められず。「これからもチームは良くなると思う。勝ち進んでいければ」と必死に前を向いていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月8日のニュース