中日 5カード連続で負け越し…12連戦は4勝8敗 与田監督「楽しいわけない」

[ 2019年5月8日 21:13 ]

セ・リーグ   中日2―3広島 ( 2019年5月8日    ナゴヤD )

<中・広>険しい表情でベンチに戻るロメロ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は接戦を落とし、5カード連続で負け越しとなった。

 先発・ロメロが初回にバティスタ、鈴木に2者連続本塁打を浴びるなど3失点。2回以降は持ち直したが、5回3失点で2敗目を喫した。

 打線は2回に3連打で2点を奪ったが、あと1本が出ず、大瀬良に完投負け。7回からはR・マルティネス、ロドリゲス、鈴木博と勝ちパターンの救援陣をつぎ込み、逆転を信じたが叶わなかった。

 与田監督は「要所、要所であと1本(出なかった)。良い当たりが野手の正面に行ったのもあるが、負けは負け」と敗戦を受け止めた。

 勝率5割でスタートした12連戦は4勝8敗と大きく負け越し、借金4を抱える結果となり、指揮官は「勝ち越してないから楽しいわけない」と厳しい表情で長丁場を振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月8日のニュース