【8日のファーム情報】日本ハム・吉田輝好投 阪神・原口実戦復活

[ 2019年5月8日 19:39 ]

<ロ・日>先発の吉田輝は4回を無失点に抑える(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは8日、ナイター1試合を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ナイターのDeNA―楽天戦(横須賀)は楽天が5―1。山崎、西巻が2安打1打点。先発・今野が7回3安打1失点9奪三振で1勝目(2敗1セーブ)。DeNA先発・飯塚は5回7安打2失点で勝ち星なしの3敗目。

 日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に3―0。先発のドラフト1位・吉田輝は4回0/3を4安打無失点で、福田、井口の完封リレー。3回2安打無失点の福田が1勝目(1敗)を挙げた。初回に岸里が先頭打者本塁打となる1号ソロ。ドラフト2位・野村が2安打1打点。ロッテ先発のドラフト3位・小島は7回5安打1失点で9奪三振も2敗目(1勝)。

 西武はヤクルト戦(戸田)に3―2。先発・ニールが7回2/3を6安打2失点で1勝目(2敗)。川越、佐藤が2安打1打点だった。ヤクルト先発・スアレスは3回5安打2失点(自責1)で2敗目。

 阪神は中日戦(鳴尾浜)に2―1でサヨナラ勝ち。9回1死から相手失策で勝利した。荒木が初回に先制3号ソロ。先発・小野は2回3安打1失点だった。原口が大腸がんの手術から実戦復帰した1打数無安打。中日先発・勝野は7回2安打1失点。ドラフト1位・根尾は3打数1安打1打点だった。

 オリックス―ソフトバンク戦(オセアンBS舞洲)は延長11回、4―4で引き分け。オリックス先発・山崎颯は3回2/3を1安打無失点。岡崎が2安打2打点だった。ソフトバンク先発・板東は4回9安打4失点。9回にコラスが3号ソロ。
 

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月8日のニュース