日本ハム「ありがとう平成チケット招待」実施 令和初の本拠地試合で快勝

[ 2019年5月8日 22:04 ]

<日・オ>試合後、令和本拠地勝利で栗山監督中心で記念写真を撮った(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは8日、新元号の「令和」となってから初めて札幌ドームで開催したオリックス戦で、平成生まれ全員に観戦チケットをプレゼントする「ありがとう平成チケット招待」を実施。対象来場者は2401人だった。

 試合は5投手の継投で6回に大田の適時打で挙げた1点を守り切って1―0勝利。本拠地での「令和初戦」に勝利し、栗山英樹監督(58)とナインは左翼席のファンをバックに記念撮影も行った。

 同キャンペーンは9日の同戦でも行われる予定。4月27日以降、勝ちと負けを繰り返す「オセロ状態」で勝率5割前後を行ったり来たりしているチームは、同25日以来の2連勝を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月8日のニュース