巨人・菅野を突き動かした後輩・今村の力投「一番力になった」

[ 2018年10月15日 07:30 ]

セ・リーグCSファーストS第2戦   巨人4―0ヤクルト ( 2018年10月14日    神宮 )

ノーヒットノーランを達成しガッツポーズの菅野(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】巨人・菅野を、4歳年下の今村が突き動かした。今季ローテーションの一角に成長した左腕は第1戦に抜てきされ、CSで初先発した。5回途中1失点の粘投。早くも3回から吠える姿に、菅野は「昨日の試合が一番力になった。今村も緊張していたけど、頑張りが力になった」と振り返る。

 12日の練習日。今村にハッパを掛けていた。「4回1失点」と低めの目標設定をしていることを伝え聞くと「2回でKOされるぞ。もっとデカいことを言った方がいい」と助言した。自身は勝っても負けても大事な第2戦の先発。「1戦目はただ思い切りいけばいい」とキツく言った。後は自分に任せろと、言わんばかりの頼もしさだった。(巨人担当・神田 佑)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月15日のニュース