早大 早川4回零封で今季初勝利「気持ちで投球できた」

[ 2018年10月15日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第2日   早大2―1明大 ( 2018年10月14日    神宮 )

6回から登板し勝利投手になった早大・早川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、早大は明大に2―1で競り勝ち、1勝1分けとした。6回から救援した早川隆久投手(2年)が4回2安打無失点と好投し、今季初勝利を挙げた。立大は慶大を4―3で下し1勝1敗とした。15日は3回戦2試合が行われる。

 気迫の投球で1点リードを守り抜いた。1―1の6回から救援した左腕・早川は「接戦で、優勝もかかっているので1点もあげられない」と4回を2安打無失点に抑え、今季初勝利を挙げた。直球の最速は149キロをマークし、5三振を奪った。1年生だった昨春の初勝利以来となる勝ち星。「強気」を今季のテーマに掲げ「気持ちで投球できた。2勝目を挙げられてホッとした。この流れで優勝に導きたい」と力強く話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月15日のニュース