BC栃木・村田 初ヒットならず 「4番・三塁」で先発し3の0、1四球1死球

[ 2018年4月7日 16:30 ]

死球を受けて出塁し、一塁手のカラバイヨに球が当たった左上腕部を見せる村田                               
Photo By スポニチ

 独立リーグのルートインBCリーグが7日、全国で一斉開幕した。群馬―栃木(前橋敷島)では前巨人の村田修一内野手が「4番・三塁」でスタメン出場。打席結果は3打数無安打、1四球1死球で、移籍初安打は生まれなかった。

 初回は2死から3番の前ヤクルト・飯原が四球で出塁。すぐさま二盗を決め、2死二塁の先制機だったが、空振り三振に倒れた。

 3回1死一塁の第2打席は二飛。

 4回は3―4と味方が1点差に迫り、なお1死満塁と一打逆転の場面だったが、遊ゴロ併殺打に倒れた。

 7回先頭の第4打席は初球に死球を左肩付近へ受けて出塁。3点を追う9回無死一塁の第5打席は粘った末に四球を選んで好機を広げた。代走を送られ退いたが、後続が起死回生の同点3ランを放ち、土壇場で試合を振り出しへと戻した。

 試合はそのまま規定により、9回で7―7の引き分けに終わった。

 村田は「打てなかったけど、最後に同点に追いついて良かった。一生懸命に野球をやる。みんなと楽しく野球ができて良かった」と開幕戦を振り返った。

 BCリーグのBCは「baseball challenge」の略で、日本プロ野球(NPB)への挑戦を理念に掲げている。

 「みんなと一緒にNPBを目指している。こうして来て復帰する選手もいるし、新たにNPBに進む選手もいる。そんな中で野球をやりたい。みんなとともに、野球をやろうと思っています」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月7日のニュース