PR:

5回までは無安打…西武・多和田快投に西口コーチ「奇跡だな」

パ・リーグ   西武6―3オリックス ( 2018年4月7日    メットライフD )

<西・オ>ヒーローインタビューで7連勝ポーズをとる源田(左)と多和田
Photo By スポニチ

 西武は先発・多和田が7回2失点と好投すると、打線は4回までに大量6点を奪って援護。オリックスに6―3で快勝し、27年ぶりの開幕7連勝を飾った。

 開幕から7試合続けて先発投手に白星が付いたのは1954年の南海以来で、プロ野球最多記録に並んだ。自身も開幕2連勝となった多和田は試合後のお立ち台で「自分もその流れに乗ろうと思って、自分のピッチングができたので良かった」と振り返り、「去年いいスタートを切れなかった分、今日しっかり勝てて良かった」。5回までは相手打線を無安打無失点に抑える快投を披露したが、西口投手コーチからは「奇跡だな」と言われたという。

 前夜のお立ち台では、菊池から「彼のことなのでおうちで寝ていると思います」といじられた多和田。8日先発のウルフへのメッセージを問われると「ウルフさんなら勝てると思います。よろしくお願いします」とシンプルにエールを送り、観客の歓声を浴びた。

 辻監督は27年ぶりの快進撃に表情を緩め、「ピッチャーが粘って打線が先に点を取って、投打がうまくかみ合っているので7つ勝てている」と分析。「あまり連勝、連勝と言われると耳にタコができている」としながらも、8日の試合へ向けて「(オリックスも)良いピッチャーがくるので競った試合をして勝てれば」と話していた。

[ 2018年4月7日 17:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月23日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム