元阪神の呉昇桓 ブルージェイズと契約合意 今季はセットアッパーに

[ 2018年2月27日 10:18 ]

呉昇桓 (AP)
Photo By AP

 ブルージェイズは26日、日本のプロ野球、阪神で活躍した呉昇桓(35)と今季の契約に合意したと発表した。年俸はESPN(電子版)によると175万ドル(約1億8700万円)で、来季の契約は球団に選択権があるという。

 呉昇桓は2014年から2年間、阪神のクローザーとして通算80セーブをマーク。16年からは活躍の場をメジャーリーグに移し、カージナルスでの2年間で通算39セーブを挙げた。昨季は62試合に登板して1勝6敗20セーブ、防御率4・10。今オフにフリーエージェントとなり、レンジャーズとの契約が合意とも伝えられたが、身体検査で右腕に異常が見つかり、白紙となっていた。

 ブルージェイズには昨季39セーブを挙げたオズナがクローザーにおり、呉昇桓はセットアッパーの役割を担うと見られている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月27日のニュース