オリドラ3福田 しぶとさ発揮 安達のライバルに

[ 2018年2月12日 05:30 ]

オリックス紅白戦   紅組2―5白組 ( 2018年2月11日    清武 )

紅白戦の初回、四球で出塁した福田は積極的に次の塁を狙い初球からスタートを切る
Photo By スポニチ

 オリックスドラフト3位・福田(NTT東日本)が今キャンプ初の紅白戦で2打数1安打1打点をマークした。

 「自分がやれることをしっかり出せればいいと思っていた」と初回、四球で出塁すると、3回は左飛に倒れながらも9球粘るしぶとさを発揮。5回1死一、二塁では一、二塁間を破る適時打を放った。「結果を出し続ければレギュラーも可能」と福良監督。潰瘍性大腸炎で体調に不安が残る安達のライバルとして注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月12日のニュース