ラミ監督絶賛!笠井2回0封 1月支配下登録、開幕1軍に前進

[ 2018年2月12日 05:30 ]

練習試合   DeNA0―8阪神 ( 2018年2月11日    宜野座 )

<神・D>阪神打線を2回無失点に抑えた笠井
Photo By スポニチ

 DeNAの笠井が、2回1安打無失点の好投で開幕1軍をアピールした。8回に4番手で登板。ボテボテの内野安打で1死一塁とされるも、続く坂本を直球で三ゴロ併殺に仕留めて「直球を低めに集めることを意識した。その辺がしっかりできてよかった」と充実の表情を浮かべた。

 1月に育成選手から支配下登録された2年目右腕。オフに投球フォームをテークバックがほとんどない変則投法に変更し、球威が増した。この日の直球は最速148キロを計測。ラミレス監督も「非常に良かった。スピードも制球もいいし、2イニングで18球は素晴らしい」と絶賛した。目指すは1軍の舞台に上がること。「変化球の精度をもっと上げていきたい」と貪欲に語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月12日のニュース