タイガース福袋 即完売 わずか30分で…阪神百貨店初売り

[ 2018年1月3日 05:30 ]

タイガースグッズ福袋を受け取る阪神ファンの子供たち
Photo By スポニチ

 阪神百貨店本店(大阪市北区)では2日に初売りがあり、タイガースショップでは昨年から300個増の800個限定「タイガースグッズ福袋」(税込み3501円)が発売された。今年から整理券配布制度に変更されたが、午前8時からわずか30分で800枚が売り切れた。

 百貨店は予定より35分早く開店。整理券を受け取れなかったファンが数十人いたうえ、あまりの混雑ぶりで他フロアから従業員が3人、借り出されるなど大盛況だった。宣伝広報担当者は「整理券を配布したことで買っていただきやすくなったのかな、と。(チームは昨年の)4位から2位、次は優勝という期待が大きいのではないでしょうか」と頬を緩ませた。

 福袋には鳥谷の2000安打達成記念クッションを含む1万1000円相当の8品が入っていた。午前7時半から列に並んで福袋を手にした大阪府在住の会社員男性(33)は「大満足。今季は必ず優勝してくれます!」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月3日のニュース