中日・平田 広島・菊池と合同トレ「聞きたいことがだいぶ…」

[ 2018年1月3日 05:30 ]

中日の平田
Photo By スポニチ

 中日の平田が1月中旬に広島・菊池と静岡市内で合同自主トレを行うことになった。両選手は昨年3月に行われた第4回WBCで侍ジャパンのメンバーとしてプレーするなど親交が深く、平田が「一緒にできないかと」とラブコールを送り、実現する運びとなった。

 「キク(菊池)は人の体の動きを見るのがとてもうまいんですよ。僕自身も聞きたいことがだいぶ、たまっています」

 菊池は高い身体能力を武器に13年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞し、WBCでも好守を連発。同じ国際舞台を経験したからこそ、平田は名手の動きだけでなく鋭い洞察力にも感銘を受けた。「(2学年)年下ですけど、かなりリスペクトしています」と尊敬のまなざしを向ける。

 昨季は6月に右膝を痛め、出場66試合止まり。平田にとって悔しいシーズンとなった。今季はアルモンテ、モーヤ両外野手の加入により定位置は保証されていない。名手との合同自主トレをきっかけにもう一度、レギュラーの座を取り戻す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月3日のニュース