広島ドラ1中村奨 “高校ビッグ3”清宮&安田への思い

[ 2018年1月3日 05:30 ]

広島ドラフト1位の中村奨
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・中村奨が、ともに「高校ビッグ3」として評される日本ハム1位・清宮、ロッテ1位・安田への思いを語った。

 昨夏の甲子園大会での6本塁打の活躍により評価を上げ、清宮、安田とともに「高校ビッグ3」と称された。昨年9月のU―18W杯の日本代表に3人とも選出されたことで親交を深めており、プロの世界では負けない活躍を見せたい。

 「清宮くんは体のデカさがまずすごい。ずば抜けたパワーの持ち主だから長打が打てる。高校では(実績で)負けてるので、プロの世界では勝ちたい。安田くんは本当に勝負強い。見習いたい。打球のレベルも凄い。日本シリーズで会えることを楽しみにしてます」

 2人へエールを送りながら、自身が見据えるものはプロ野球初の大記録だ。

 「トリプルスリーをやりたいし、誰も成し遂げていないような記録もつくりたい」

 捕手として3割、30本塁打、30盗塁を達成した選手もこれまでいない。唯一無二の存在になってみせる。 (柳澤 元紀)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月3日のニュース