エンゼルスGM 大谷に会うため…異例の直々来日へ「いろんな質問を」

[ 2018年1月3日 05:30 ]

エンゼルスのエプラーGM
Photo By スポニチ

 エンゼルスのビリー・エプラーGMが、近日中に大谷との対面のために来日する方針を明かした。1日(日本時間2日)、米サイト「ファングラフス」のポッドキャスト(音声配信番組)のインタビューに登場。「間もなく日本に行って、大谷とも膝詰めで話す。具体的にいろんな質問をして、判断を下していく」と語った。

 この時期にGMが直々に来日することは、極めて異例。自主トレを視察するとともに、二刀流調整のプランなどを話し合うとみられる。

 エプラーGMは、先発投手の起用法について「今、監督や投手コーチ、トレーナーらと日々会話をして、土台づくりをしている」と説明。チームの勝利に向け、大谷に対し「重要な役割で貢献する」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月3日のニュース