履正社 逆転勝ちで準決勝進出 美野田が好救援

[ 2017年10月7日 15:40 ]

秋季大阪大会準々決勝   履正社8―2大商大堺 ( 2017年10月7日    シティ信金スタ )

 履正社が逆転勝ちで準決勝に駒を進めた。1―2の4回に敵失で同点とし、6回も敵失などで4点を勝ち越した。5回途中から救援した美野田雄介投手が無失点の好投。「同点だったので、点を取られたら終わりだと思って投げた。ホッとしています」と笑みを浮かべた。

 5回まで3安打に抑えられる苦しい展開。岡田龍生監督は「相手のミスで点をもらい、勝ったというより、勝たせてもらったゲーム。(今春に選抜出場した選手が)持っている経験値を生かさないとダメですね」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月7日のニュース