ハム田中幸雄2軍監督 体調不良で休養 今季限りで退任へ

[ 2017年10月7日 05:30 ]

日本ハムの田中幸雄2軍監督
Photo By スポニチ

 日本ハム・田中幸雄2軍監督(49)が体調不良のため休養することが6日、分かった。7日に千葉・鎌ケ谷で行われる練習から欠席し、9日に開幕するフェニックス・リーグ(宮崎)にも参加しない。同リーグ開幕を直前にして突然の休養で、このまま今季限りで退任することになる。球団フロントはフェニックス・リーグ終了後に後任2軍監督の人選に着手する。

 田中2軍監督は、宮崎・都城から85年ドラフト3位で入団。日本ハム一筋22年の現役時代には勝負強い打撃で活躍し「ミスターファイターズ」と呼ばれ、通算2012安打、287本塁打をマークした。強肩を生かした遊撃守備でも5度のゴールデングラブ賞を受賞した。

 07年に現役引退し2年間の充電期間を経て、09年10月から2軍打撃コーチに就任。その後は1軍の打撃コーチなどを歴任し、同じ右の長距離砲として中田翔、陽岱鋼(ヨウダイカン)らを育てた。14年10月からは2軍監督となり、球団の柱である育成とスカウティングを支えてきた。

 ◆田中 幸雄(たなか・ゆきお)1967年(昭42)12月14日、宮崎県生まれの49歳。都城から85年のドラフト3位で日本ハム入団。2年目の87年からレギュラーに定着し、95年に打点王。00年にはシドニー五輪日本代表として2本塁打と活躍した。07年に現役引退。日本ハム2軍打撃コーチ、1軍打撃コーチを歴任し、15年から2軍監督を務めた。1メートル84、86キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月7日のニュース