ヤクルト、清宮1位明言 年内SD兼任の小川監督「たぶん行きます」

[ 2017年10月7日 08:02 ]

早実の清宮幸太郎内野手
Photo By スポニチ

 年内は監督業との兼任となるヤクルト・小川淳司SDが、26日のドラフト会議での清宮(早実)の1位指名を明言した。清宮の話題を振られ「1位指名、たぶん行きますよ」と笑った。

 2日に行われた清宮との面談では明らかにしなかったが、これで阪神に次ぐ、2番目の宣言となった。獲得できれば戦力補強だけでなく、チームの活性化にもつながるはずだ。衣笠剛球団社長兼オーナー代行も視察し「彼の実績は桁外れ。動員力も素晴らしい」と最大限の賛辞を贈っていた。

 重複指名は確実。抽選の際のクジ引き役は未定だが、小川SDにとって、監督再登板後の大仕事になる可能性もある。5日の就任会見で「チーム力のアップ、底上げを目指したい」と話した。高校通算111号を誇る清宮の加入となれば、その期待値は膨らむ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月7日のニュース