東都1部リーグ戦で学生審判採用へ 審判育成へ異例の決断

[ 2017年9月2日 05:30 ]

 東都大学野球連盟は1日に都内で理事会を開き、5日開幕の1部秋季リーグ戦で学生審判を塁審として採用することを承認した。2部以下では学生が審判を務めてきたが、1部では連盟によると「過去に例がない」という。

 審判員確保とプロ野球審判を目指す学生の育成が目的。今秋はアマ野球公認審判員3級の資格を持つ4人が務める。11月の1、2部入れ替え戦を秋季高校野球東京都大会準決勝、決勝と同日に開催することも承認された。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月2日のニュース