千曲川硬式野球クラブ・三田 “ラミ監督効果”で大会第1号

[ 2017年9月2日 05:30 ]

スポニチ後援 第42回全日本クラブ野球選手権第1日   千曲川硬式野球クラブ5―0横浜金港クラブ ( 2017年9月1日    メットライフD )

3回1死一塁 先制の大会1号2ランを放ちナインに出迎えられる三田(左)
Photo By スポニチ

 千曲川硬式野球クラブは3番・三田が今大会1号アーチを放ち、初戦突破に導いた。3回1死一塁から先制の左越え2ラン。「いいところで出てよかった」。

 13年から14年8月までBCリーグ群馬に所属。14年は現DeNA監督のラミレス兼任コーチと同僚で「練習中から気持ちの大切さを教わった」という。準優勝した前年大会は控えに甘んじただけに「去年以上の成績を残したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月2日のニュース