ロッテ酒居124球で3連勝 本拠初勝利に「ペーニャさまさま」

[ 2017年9月2日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3日本ハム ( 2017年9月1日    ZOZOマリン )

ホーム初勝利の酒居(左)と2ホーマーのペーニャはライトスタンドのファンに向かってバンザイ
Photo By スポニチ

 プロ最多の124球を投げ、7回3失点に抑えたロッテ・酒居が3勝目を挙げた。

 同点の7回に松本の打球が左かかとを直撃。一度は治療のためベンチに下がったが「長い回を投げて少しでも中継ぎの負担を減らしたかった」と続投。大田に勝ち越し打を許したが、直後にペーニャのこの日2本目となる2ランで逆転して白星が転がり込んだ。自身3連勝となったドラフト2位右腕は本拠地初勝利に「ペーニャさまさまです」と笑った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月2日のニュース