兵庫ディオーネ快勝 厚ケ瀬V打「つなぐ意識を強く持って」

[ 2017年5月30日 05:30 ]

日本女子プロ野球   兵庫ディオーネ8―2京都フローラ ( 2017年5月29日    尼崎市記念公園 )

<兵庫ディオーネ・京都フローラ>4回、勝ち越しの右前適時打を放つ兵庫ディオーネ・厚ケ瀬
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、首位の兵庫ディオーネが8―2で2位の京都フローラを下し、ゲーム差を3・5に広げた。

 兵庫は1点を追う4回無死満塁から8番・みなみの左前適時打で同点。1死後、厚ケ瀬の右前適時打で勝ち越し、続く三原の右翼線3点三塁打など打者10人攻撃で一挙6点を奪い逆転した。投げてはエース里が9安打を浴びながら要所を締めて2失点完投し、無傷の5勝目。今季初のお立ち台に上がった厚ケ瀬は「つなぐ意識を強く持って打席に入った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月30日のニュース