梶谷V弾!1本勝ち“悪夢”払しょく夢心地3号

[ 2016年5月19日 05:30 ]

<巨・D>6回1死、梶谷は右越え本塁打を放つ

セ・リーグ DeNA1-0巨人

(5月18日 福島)
 値千金の一発だ。DeNAの梶谷が6回、田口の初球のカーブをすくい上げる先制3号ソロ。8試合ぶりの一発はそのまま決勝点になった。

 「チョー気持ちいい。しっかり対応できた。久しぶりに完璧に打てた。(今季)一番、感触が良かった」。前日17日の巨人戦(山形)は先発野手で唯一、無安打だった。試合後、バス移動した福島の宿舎で「夜ふかしして」午前2時まで自身の映像を確認。横になると嫌な夢を見た。「ニコ(乙坂)が2番に入っていた」。危機感を持って臨んだ一戦。前夜の最終打席から修正した、すり足でのステップも結果につながった。

 左脇腹痛で開幕に間に合わず、4日のヤクルト戦(横浜)で復帰した。「チームが勝っているので、その輪に自分も入れるようにしていきたい」。打撃も存在も、梶谷のあるべき姿に戻ってきた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年5月19日のニュース