タイガース バーランダーが通算2000奪三振達成 史上76人目

[ 2016年5月19日 09:43 ]

<ツインズ・タイガース>通算2000奪三振を達成したタイガースの先発・バーランダー (AP)

ア・リーグ タイガース6―3ツインズ

(5月18日 デトロイト)
 タイガースのジャスティン・バーランダー投手(33)が18日のツインズ戦でメジャー史上76人目となる通算2000奪三振を達成した。

 この試合に先発したバーランダーは7回1/3を投げて6安打10奪三振3失点と好投を見せ、今季3勝目をマーク。4回にロサリオから空振りの三振を奪い大台の数字に到達した。タイガースでの同記録達成は1963年から75年まで在籍したミッキー・ロリッチ以来で、同球団史上2人目。現役ではヤンキースのCC・サバシア(2595)、マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス(2184)、ジャイアンツのジェーク・ピービ(2141)、カブスのジョン・ラッキー(2012)がいる。

 今季がメジャー12年目のバーランダーはこれまでタイガース一筋で、2006年の新人王を皮切りに数々のタイトルを獲得。11年には最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、サイ・ヤング賞と主要タイトルを総なめにし、さらにMVPも受賞した。無安打無得点試合はこれまで2回(07年、11年)達成しており、最多奪三振は11年以外に09年と12年にも獲得している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月19日のニュース