山本功児氏死去 64歳、元ロッテ監督、巨人で4番 長男はDeNA

[ 2016年4月23日 16:16 ]

23日死去した山本功児氏

 巨人、ロッテでプレーし、元ロッテ監督の山本功児氏が23日午後1時41分、肝臓がんのため北九州市内の自宅で死去した。64歳だった。葬儀などの日程は未定。

 山本氏は三田学園から法大、本田技研鈴鹿を経て、75年ドラフト5位で巨人に入団。79~80年にかけては計7試合で4番に座った。84年にトレードでロッテに移籍。88年に引退するまで現役通算1217試合で打率・277、64本塁打、369打点、13盗塁の成績を残した。引退後はロッテで2軍監督、1軍打撃コーチなどを歴任。99~03年には5年間、監督を務めた。人情味あふれる熱血漢な性格で知られ、多くの選手、関係者に慕われた。

 昨年の育成ドラフトでは長男・武白志(むさし)がDeNAから2位指名を受けて入団した。山本氏は武白志が九州国際大付に進学したことを機に、美砂子夫人とともに神奈川から福岡に移住。生活面などをサポートしていた。愛息が1軍でプレーする姿を見ることなく、山本氏は天国に旅立った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月23日のニュース