台湾の洪一中監督「欠点も見つかった」WBCでの再戦「楽しみ」

[ 2016年3月6日 23:18 ]

日本通運 Presents 侍ジャパン強化試合 日本代表9―3台湾代表

(3月6日 京セラD)
 侍ジャパンに2連敗を喫した台湾・洪一中監督は「思った通りの試合展開ではなかった。欠点もたくさん見つかった」と振り返った。

 前日の第1戦はわずか2安打で零敗。この日は3回に先制し、9回に2点を返したが及ばなかった。来年のWBCでは再び対戦する可能性もある。「(日本は)アジアで一番強いチームと感じた」と話した指揮官は、「練習して実力を上げ、再戦のチャンスを楽しみにしている」と雪辱を誓った。また、試合後には38歳のベテランで、台湾球界の“レジェンド”ともいえる陳金鋒の代表引退セレモニーが行われた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月6日のニュース