茨城ゴールデンゴールズ久保田V打 欽ちゃんの金言胸に

[ 2015年9月7日 05:30 ]

<茨城ゴールデンゴールズ・鹿児島ドリームウェーヴ>6回、札の同点打にジャンプして喜ぶ片岡監督

スポニチ後援第40回全日本クラブ野球選手権大会第3日・準々決勝 茨城ゴールデンゴールズ2―1鹿児島ドリームウェーブ

(9月6日 西武プリンスドーム)
 茨城ゴールデンゴールズは4安打ながら効率よく2点を奪って連覇へ一歩前進。

 萩本欽一前監督から引き継いで5年目の片岡安祐美監督は「あー疲れた!」と苦笑した。3人しか残っていない05年の創設メンバーの一人、久保田が1―1の7回2死二塁で勝ち越し中前打。4日の初戦は3打数無安打だったが「欽ちゃんは“運がたまっているから打てるよ”とよく言っていた。前の試合が無安打だったから運がたまったのかも」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月7日のニュース