「今度はプロで甲子園に」U18佐藤 プロ志望届提出へ

[ 2015年9月7日 05:30 ]

<日本・米国>3回、アムダイティスに右前適時二塁打を打たれる佐藤

U―18W杯決勝 日本1―2米国

(9月6日 甲子園)
 1次ラウンドで米国を完封した先発の佐藤だったが、4回4安打2失点で敗戦投手となった。

 3回に自らの三塁への悪送球が失点に絡んだ内容に「甲子園の決勝でも相手がマウンドに集まるのを見ているので悔しい」と肩を落とした。ベストナイン、最優秀勝率投手賞にも選出されたが、喜びは半減の様子。今後はプロ志望届を提出することを明かし「今度はプロの舞台で甲子園に戻ってきたい」と誓った。

 ▼日本・勝俣(初安打を含む2安打。今大会の首位打者獲得)本当に悔しい。最後に打てなかった。

 ▼日本・篠原主将 世界一になれなかったのは残念だが、諦めない野球を見せられて良かった。後悔はない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月7日のニュース